Archive for the ‘原稿用メモ’ Category

淫祠

土曜日, 8月 19th, 2017

官鬼を宗廟寺社として判断した場合、玄武が臨めば、あるいは陰爻であれば、それを淫祠(いんし)と解釈する場合がある。我が家の電子辞書さんによると「邪神を祀る祠」ということになっているらしいが、個人的には、井上円了が定義した、「道理に反した、あるいは非道徳的な願いを叶えるための儀式を行う場所」という解釈が妥当と思う。たとえ道理にかなっていたとしても、真言立川流や性魔術のような場合は、玄武の持つ性的な意味合いからも淫祠に分類すべき。

私の場合は、基本的に懐疑論者で、神仏や霊を信じて云々という感覚はほとんどないため、今一つ受け入れがたく思っているのだが、通常、正神正仏は、断易においては、四値で示される。爻の上に顕れる官鬼は、往々にして物理的に存在するものを示すが、まれに超自然的な神仏や人霊の類を指す場合は、高位の神仏よりも霊位の低い精霊や自然神、あるいは依り代としてのご神体の類か、人霊、邪神、邪霊、動物霊の類となる。旺相していれば力は強く、衰弱していれば弱い。善悪を知りたい場合は、青龍、朱雀、勾陳であれば信頼が出来、トウ蛇、白虎、玄武であれば、危険な存在と判断する。ただこれも、占的によって、例えば切除術を得意とする外科医の指導霊云々と筮した場合は、血を好む白虎が臨むのを吉とするので、六神のみで短絡的に善悪の判断をすることは薦めない。後述する解説の中で「青龍が臨めば正神」と記されているが、正式な儀式を経て御霊入れされた神仏像や、善良な自然霊、竜神などの類とした方が断易の理に適う。

ピタゴラス派の数秘術の一種として、以前ムーの実用スペシャルで霊祟秘伝なるシュールな占いが紹介されたことがあったが、断易における祟禍占は、疾病占の一種として分類されている。断易精蘊より一部抜き書きをしておいた。九鬼はこのジャンルに関しては資料も実占も極端に少ないので、不十分な解説しか出来ないと忸怩たる想いを吐露している。八幡書店の断易精蘊は、鴨書店が再刊した断易真義、それから原書房再刊の断易発玄と三冊揃えて学ぶのが良い。ただし、相応の読解力が必要。少なくとも易(ピー)大全の著述上の矛盾程度は見抜けないと話にならない。

およそ祟禍を占い、卦中の官鬼が休囚、空亡、破、墓、絶にあれば、皆鬼神の祟りではない。官鬼旺相し、あるいは日月を帯び、あるいは冲起合起などの象があれば、皆、霊魔の禍として論じる。

官鬼の五行をもって、何の祟禍かを知るには、次のようにする。
木行の官鬼は、東方の神霊を犯すか、あるいは樹木の精、また凶方に建築修繕した祟り、あるいは縊死、また木によって死んだ怨霊。
火行の官鬼は、南方の神霊を犯すか、あるいは南の凶方を犯すか、あるいは竈や炉をつぶしたか、あるいは火により死んだ怨霊。
土行の官鬼は、中央の廟祠を犯すか、あるいは凶方の土を動かし、あるいは土壌の死因に関わる霊か、あるいは田野の神、山祇神等の祟り。
金行の官鬼は、西方の神の祟りか、あるいは西の凶方位を犯すか、あるいは武神金像、あるいは刀剣金傷により亡くなった怨霊。
水行の官鬼は、北方の神を犯すか、北の凶方位を犯すか、あるいは水神や井戸の祟り、あるいは水死による怨霊。

官鬼の六神をもって、その祟りの原因を知るには次のようにする。

青竜は正神。
朱雀は呪詛。
勾陳は土を動かす禍。
トウ蛇は魅蛇、あるいは妖邪
白虎は血涜金像
玄武は死因が不明の陰鬼等

官鬼が陽爻に属すれば陽神とし、宗祖の霊とし、男子の霊とする。陰爻に属すれば、陰鬼とし、淫祠とし、女子の霊魂とする。

八卦をもって推察するには、次のようにする。

乾は正神とし、祖宗の霊とし、郊野の神とする。
坤は田土の神、あるいは墳墓の祟りとする。
震は古木老樹の精とする。
巽は縊死、木害による霊とする。
坎は水神、水死の霊とする。
離は文神、焚死の霊とする。
艮を山精、山祇神、また墳陵とする。
兌を寺院、仏魔、仏像に関わる祟りとする。

他は八卦の象意より判断する。

爻位より判断する場合は

初爻は井戸
二爻は宅舎の禍
三爻は門戸
四爻は壁や塀
五爻は道路
上爻は、遠いところの霊でなければ、祖先の祟りとする。

卦身をもって判断する場合は、次のようにする。

官鬼が卦身を剋すれば、家に怨恨がある。
卦身が官鬼を剋すれば、妻妾の陰鬼とする。
卦身が官鬼を生じれば、小児あるいは僧侶道の鬼とする。
官鬼が卦身を生じれば、祖先等の霊とする。
生剋合冲なければ、兄弟朋友の霊と断じる。

官鬼が墓に入れば伏屍とし、刑を帯びれば刑死の鬼とし、絶に逢えば供養されていない霊とし、太歳が臨めば祖先の霊とし、日月が臨めば亡くなったばかりの霊とし、墓が刑を兼ねれば、刑死した霊とする。
妻財が発動して官鬼に化せば、婦人の霊魂とする。もし官鬼に合したり、化出の官鬼と合したりすれば、いずれも情交を持った婦女の恨みとする。妻財が世爻官鬼の下に伏したとしても同様。
官鬼が発動すれば、その化出の六神を見る。玄武は私怨がある霊。トウ蛇は魑魅の妖。もし坎宮のトウ蛇の官鬼であれば、必ず狐狸の憑依とする。
官鬼が世爻に臨んでいれば、未だに願いをかなえていないための禍である。世爻の下に伏せば、誠心誠意祀っていないことからの祟り。妻財が空亡に化せば、祭祀を廃止したための祟りである。
官鬼が二爻にあれば、住宅の不安がある。応爻上に臨めば、その宅の門口不利の祟りである。
官鬼がトウ蛇を持せば、虚驚怪異の事がある。陰爻にあっては、夢寐(むび)の驚とする。世爻を剋すれば、夢の中で神仏の祟りであることが示されることがある。
官鬼が二爻の木に臨み、あるいは父母の爻の下に、木行の官鬼が伏していれば、埋葬の仕方のせいで、霊が安んじていない。
祟禍の原因を明らかにすれば、それぞれの方法で、謹んで儀式や供養を行って解決すること。

ただの抜き書きで、誤変換や誤入力もあるのだがとりあえずそのままで。後日kindle版では時代背景の差異も考慮しつつ、修正をする予定。

老婆心ながら

土曜日, 8月 5th, 2017

私を心底満足させてくれる情報など、ネットにはないに等しいということに気づいて以来、断易に関してググるということはなくなったが、この間は仕事がらみで調べないといけないことがあったのに、どうしたことだか「断易」という語句を入力して検索をしてしまって、とあるブログの記事に遭遇。そのブログの存在は以前から知っていたし、断易に関するブログの中では間違いなく有益な方だという認識をしていたので、その内容に釈然としない想いを抱いてしまった。

ブログ主曰く、軍事占では我が将を子孫、敵将を官鬼として判断したりするので、スポーツの試合でも、それを敷衍して、世爻応爻以外に、子孫と官鬼に着眼してもいいのではないか――ということだったんだが、確定情報ではなく仮説の提唱であるというという点で酌むべき部分もあるにしても、官鬼と子孫で判断するのはいささか不都合も多いのではないかと感じたのね。

軍事占においてもっともゆるがせにしてはならない、官鬼と子孫のパワーバランスだけど、なぜ官鬼と子孫になるかというと、我と我が国を世爻、彼と彼の国が応爻であるという前提で、我を傷つけ苦しめる星である官鬼を敵軍の将とみなし、それを制することが出来る唯一の五類である子孫を我が国の安寧を維持する将とする――という考え方があるからなのね。おそらくこのブログ主も、他の記事の文章から推察するに、そのあたりのことは十分に知悉しているはず。それなのになぜ官鬼と子孫でスポーツの勝敗の判断が出来るのではないかと考えたのか、そのあたりが謎というか、消化不良。ケアレスミスかしら。

一つには、戦争に関しても、スポーツに関しても、勝敗や敵味方という概念を共有するからなんだろうけど、戦争における敵はenemyであり、スポーツにおける敵はrival。だから前者に関しては、敵=官鬼でいいけれど、後者の場合は、敵=兄弟と考えるのが順当。なんとなれば、兄弟は同じ利益や権利、名声を奪い合う敵対者の用神だから。監督と選手は運命共同体である以上、敵の監督の用神は兄弟となる。ここまで書けばわかるわよね。そう、スポーツにおいて、世爻応爻以外で勝敗を左右する用神を求める場合、軍事占のように官鬼と子孫を判断に加えるのではなく、あくまでも兄弟と官鬼。忌殺である子孫が動けば、むしろチームは負けてしまうのよね。

スポーツを占う場合に注意すべき点を挙げておくと、ホームかアウェイかという点を考慮する場合には、軍事占の断法も、ある程度有用になる。しかし、不倶戴天の国や地域同士が代理戦争目的で行い、その結果ホームだったりアウェイだったり、試合会場近辺が興奮したフーリガンによって破壊されつくしたり、相手が死ぬまで石を投げあう石合戦がオリンピック種目として採用されるなどとという極めて特殊な状況でなければ、参考にすべきはあくまでもライバルと競い合い結果を残すという共通のバックボーンを持つ試験占や功名占の断法以外には考えられない。角度を変えて占いたい場合は、賞金や優勝カップがどのチームにもたらされるかという観点で筮するのも良い。その場合は財事占。我から求めれば凶。物から来れば吉。おそらく一番判断に迷うのが、フィギュアスケートなど、複数の審査員の判断で順位が左右される競技。厳格なポイント制である分割り引いて考える必要もあるが、裁判占や選挙占の断法が参考になる。

基本的には「出来る子」であるくだんのブログ主がこの投稿を読んだら、十中八九不快に感じるだろうとは思うが、出来る子であればこそ、放置しておいてはいけない気がするので、タイトルに書いた通り、老婆心ながら、私見を述べておく。

メモ 尅の接続について

火曜日, 7月 18th, 2017

原稿用メモ。接続の生以外の接続について。

生を貪り合を貪り、刑冲尅害みな忘るという言葉があるように、発動した爻がある爻を生じ、その爻がまた別の爻を生じた場合は、接続の生と呼ばれる状態となる。この場合、爻位の差を物理的・心理的な距離として解釈し、接続の生が成立するか否かの分水嶺とする一派があるようだが、移動や伝達の方法が速くて馬しかなかった時代ならいざ知らず、あらゆる手段で情報や物資が駆け巡る現代においてそのまま通用するとは到底思えない。そもそも爻位の差が物理的距離を示すのは、此地を世爻、彼地を応爻と見立てた場合、あるいはそのような解釈ができる場合に限られ、常に距離のみを示すわけではなく、時としてそれは社会的立場の違いであり、また主義主張の差であるため、充分に相互干渉が可能な場合も多く、一概に爻位が離れすぎているから成立しないと断じるのは、短絡的に過ぎるきらいがある。

接続の生以外にも、書籍では言及されてはいないが、接続の尅とでも呼ぶべきケースも存在する。元来、何かを尅すものが尅されるというのは、忌神により艱難が尅去され害を免れると解釈するのだが、これは物来たりて我に就くの理で判断する占的に関しては当てはまらない。

例えば、世爻を債権者、応爻を被債権者とした場合、間爻は仲介人なり取立人なりの個人や機関を示す。間爻を想定しない場合、応爻が発動し、世爻が安静で、世爻に対して応爻より尅・冲・生・合があれば、それぞれに応じたペースで返済がある。場合によっては刑害も含むが、刑と害に関しては、意義が軽く、単に返済の意思のみを示すことがあり、先の四つほどの確実性はない。このあたりのことは、基本の解釈となるので、どのテキストにも記載があるはずだが、応爻が発動し、さらに間爻が発動し、世爻に干渉するケースも考えられる。とりわけ、応爻が間爻を尅し、間爻が世爻を尅した場合、尅去とは解釈せず、仲介者を通じて相手から速やかに返済があると判断する。これは尅が単に金銭の迅速な移動を示すからである。もっとも尅や冲によってあらわされる返金は、しばしば相手の側にやむにやまれぬ事情があるため、世爻の側が旺相していたり、日辰月建などから生合がなければ、尅の勢いに飲まれてしまうこともあるので、世爻の強弱にも注意する必要があるのだが、接続の生という概念があるのであれば、このようなケースも、占的に応じて一般化し、「接続の尅」と表現してもいいのではないか。

応爻から間爻、間爻から世爻への干渉の組み合わせは、単純に尅・冲・生・合だけを考えても十六通り。もっとも合と冲に関しては、世爻と応爻が同一の支となる必要があるので、納甲により除外される。世爻と応爻が同一の支となるのは、風地観の未土と、地風升の丑土の二種のみ。風地観の場合は、間爻は二爻巳火にして三爻卯木、地風升は二爻亥水にして三爻酉金のため、いずれも接続は成立しない。実際には三合なども関わってくるし、世爻応爻以外の五類を用神とした場合についての地支の組み合わせも考慮する必要があるので、後で確認する。

《補足》

通常間爻といえば、世爻と応爻の間の爻を示すが、応爻ではなく五類を用神とした場合、別の五類が間爻と同等の役割を果たす場合がある。例えば世爻と父母の関係で何かを判断する時、兄弟が発動したら、世爻から見て兄弟姉妹にあたる人物、あるいはそれに類する人物が何らかの役割を果たすと解釈するような場合である。したがって、そのようなケースでも、接続の有無についてその都度考察する必要がある。また、間爻は機関や個人だけでなく、経由地を示すこともあるため、可能性がある解釈に関しては、逐次記載して一つ一つ検討した方が良い。

2017/07/20追記。爻位をそのまま用神として用いるかどうかの差もあるんだろうと思う。九鬼断易も、爻位をそのまま用神とする断法がないわけではないが、基本は五類と世爻応爻での分類をするため、初爻と上爻の発動であっても、接続の生として判断する。ただ、爻位を用神とする場合であっても、それが爻であれば、相互干渉は成立する。そのため、絶対的立場にある相手は、通常、爻ではなく、不可侵の存在として、四値により表される場合が多い。

芸人を占う手順

日曜日, 9月 27th, 2015

null

※試案。完成版は後日電子書籍で。

芸人画像と動画を漁りすぎなのを反省し、人生の誤魔化しがてら知りえた情報を元に断易に帰納してみる試み。

芸人を占う場合には、金銭的な面に関しての筮と、人気・知名度にフォーカスしての筮とを区別して考える。また、コンビの場合、コンビそのものの運勢と、個々人のものを別途筮。補足の情報が欲しい場合は、事務所そのものの運勢や、マネージャーのマネジメント能力の有無、またローカル番組に出演する場合、どの地域が適切かを分占する。

用神は、自占や依頼占の場合は世爻。他人を占う場合は応爻。自身の友人や兄弟であれば兄弟。ライバルは、ネタバトルなどで直接対峙するのであれば応爻。単に周囲の同期などとの差異を知りたいなら兄弟。

妻(素人)が夫(芸人)や夫の相方の運命を占う場合は、それぞれ官鬼用神で分占。夫の相方が女性であっても官鬼。反対に、夫(素人)が妻(芸人)や妻の相方を占うのであれば、妻の相方が男性であっても妻財を用神として判断。夫婦漫才の場合の、夫、あるいは妻との芸人としての相性は、世爻、あるいは応爻に対する「兄弟」の組み合わせで判断。この場合の兄弟は、あくまでも人を示す五類としての兄弟であり、破財の意味はない。

LGBTの場合は、まず用神を確定するための予備占を行うのが望ましい。ジェンダーロールやジェンダーアイデンティティだけでは一概に分類出来ない。

ボケとツッコミは、人来たりて我に就くの理で判断するのが無難と思われる。冲尅であれば即座で勢いの良いツッコミ。合生であればボケからいくらか間のあるノリツッコミなど。自身で相方との理想的な関係を調べたい場合は、自らを世爻とし、相方を応爻として、どちらが発動するか、あるいは発動せずとも暗動すると仮定した場合にどのような影響があるかを見る。我から尅・冲・合・生・刑せば、自分が突っ込み、相手から尅・冲・合・生・刑されれば、自分がボケ。応爻無気休囚で自ら発動し回頭の生尅等になる場合は、ピン芸人としての活動の方が向いている。もう一つの見方は、尅や冲であればカミナリに代表されるはたくなどしての激しいツッコミ、生や合であれば穏やかだったり静かなツッコミ。これらはツッコミの側に臨んだ六神の性質で判断。青龍は穏やかで成熟した印象。のろけをベースにしたロマンティックなケースもある。朱雀は知的あるいは言葉の応酬。勾陳は朴訥なイメージので、例えれば宮川大助風。トウ蛇は謎めいて得体のしれない感じ。白虎は激しく暴力的。玄武は卑猥だったり冷酷な切り返し。白虎と玄武はあまりツッコミには向いていない気がする。不快感をどう処理するかを真剣に考えないと、上沼恵美子に低い点をつけられる。刑の場合は、勢・礼・恩刑などのイメージで使い分けるも可。ただ、自刑の問題もあるので、刑に関しては参考程度にとどめた方が無難な気がする。

占的が単に相性に関してであれば、合を尊ぶ。むしろ合がないと長続きしないはず。生と合を兼ねればなお良し。旺じすぎない限り、キャイーンのウドように相方大好きとなるはず。尅合なら悲喜こもごものやすしきよしタイプか。

芸人としての力量は、旺相及び四値動爻からの生合を基本に判断。用神が伏した場合は提抜されるまで実力を発揮できない。空亡でもしかり。空亡は旺相にしたものに限る。休囚であればそもそも実力がない。三合や接続の生であればトリオの可能性もあるが、マネージャーが絡む可能性もあるので、早合点せずに精査すること。

ピン芸で行くか複数でやるかは、分占した方が、おそらく断易の理にかなう。ただし卦中にはっきりと明示されている場合はそちらを優先。

別占して六神でネタの方向性を判断。青龍であれば酒宴の席やディナーショーにも使えるコント系のネタやロマンスネタ、朱雀はしゃべくり漫才やフリップネタか歌ネタ、トウ蛇は鳴り物や音声利用のネタや不条理なナンセンス系もしくは妄想系ネタ、勾陳は屋外でのロケが基本だが時として土地や田畑に関するネタ(たまに出てくる農業芸人みたいな)、白虎であればどつき漫才や格闘ネタ、玄武は下ネタ及び不倫などのきつめの色恋ネタ。ハライチのノリボケは果たして何で表されるのかが一つの課題。とろサーモンのスカシは、おそらく空亡。

追記。素人の妻が、芸人の夫とその相性を占う場合は、占えなくはないが、夫本人に卦を立てさせるのが無難。妻が芸人の場合も同様。