Archive for the ‘自律訓練法’ Category

終戦記念日に思う

火曜日, 8月 15th, 2017

精霊流しが済んで、お盆も一段落。お盆って正月以上に人生について考えさせられるわよね。占術に沿うて生きながら、どの占い師とも関わらず、Xジェンダーでありながら、友人以外のセクシュアルマイノリティとは距離を置く人生。以前は忸怩たる想いにとらわれたこともあったけれど、今はそれが私なりにしっくりとくる生き方なのだという確信を得ている。本業も副業も順調で、時々無駄遣いをして手元不如意になる以外は、何不自由なく生活させてもらっているし、煩悶懊悩と無縁とまではいかないまでも、そこそこ安泰な身の上なので、もうこのままでいい。

都市部に出かけるたびに、人の多さと建物の密集ぶりに気分が悪くなるから、よほどのことがない限り引っ越さないだろうし、引っ越したとしても、今住んでいるところと同程度の僻地に住むことになるはず。

先祖代々の土地で、花や野菜や果樹を育てながら、アトリエで作品制作にいそしみ、防音室で楽器と戯れ、その傍ら、断易の研究を続ける。そんな人生を目指して、今日も自律訓練法。遅々たる歩みではあるが、確実に上達している。独学独習ながら、一日も欠かさず訓練を続け、先日、五ヵ月目に突入。もう一度使用したテキストを最初から読み直そう。

私信――冬至占について

火曜日, 8月 8th, 2017

毎年毎年占い好きの知り合いを勝手に占って送り付けているはた迷惑な冬至占。次の戌歳版は、断易だけではなく、久しぶりにほぼ完全に忘れかけている各種命占も使ってみようと考えておりますので、ご希望の方は、出生データ(出生地の都道府県と生年月日)をメールやSNSのメッセージ機能でお願いいたします。

冬至占までに、自律訓練法を頑張らねば。明日で五ヵ月目に突入なのです。果たして催眠下での立卦および判断が、どのように影響するのか、楽しみ。

デジコレ三昧

金曜日, 7月 28th, 2017

デジタルコレクションに収録されている書籍のデータを、コマ数等国会図書館の既定の方法でダウンロードしてくれるNDLDLというアプリケーションを使い始めてから、それこそデジコレ三昧。膨大な数の資料が読めて楽しい。しかも毎年追加されていくわけだし。ひところ断易精蘊も(以前の)デジタルライブラリ入りしたんだけど、ほどなくして国会図書館内のみの閲覧になったのよね。もしかしてクロウリーの本みたいに、霊的著作権云々に関して苦情が来たのかしら。霊的著作権について詳しく知りたい? 是非検索して調べて頂戴。私はトラブルに首を突っ込むのはこりごりなので説明するのは控える。

今は霊術・催眠術関連の書籍を調べているところ。大正から昭和にかけての霊術ブームにおいて、太霊道や靈氣などのいわゆるヒーリング以外にも、催眠術も霊術の一種としてかなり実験的なことがされていて、著作も多いのね。まあどれも似たり寄ったりの内容なんだけど、ヒーリング云々は、情報汚染とは無縁で日本国中純粋そのものだった時代ならともかく、現代では 短絡的なおバカさん ビリーバー以外には通用しないはずだから、歴史以外には興味が抱けない。でも、催眠術に関しては、自律訓練法との関連もあるし、何より基本が心理学に置いてあるので、オカルト的要素を意図的に濾過することで、いささかプリミティブながらも、結構有用な情報源となりうるかなという印象を抱いている。

いずれも催眠下での実験について、「易の素人を易者にする」「素人を観相家とする」などがあって、それぞれ「驚くほど的中した」と記されていて、実際にまったく易に関して門外漢なのか、それとも過去に一度くらいは易の書物に目を通した人物なのかなど、その詳細は確認が取れないし、的中したという記述に関しても、バーナム効果か無自覚のコールドリーディング、あるいは集団心理や観客自身が一種の催眠状態にあって錯誤したなど、複数の可能性があるということを割り引いても、なかなか楽しいではないの。

断易を始めてから十六年。今「断易にもっとも必要なものは何か」と訊かれたら、断法に関する知識はあって当然なので、柔軟性のある思考を伴った堅牢な集中力と答えたい。必要なのは決して俗っぽい霊感などではないのよ。徹底して磨き上げた脳のスペック。そこに至るにはある程度の精神修養というのは避けては通れず、かつもっとも効率的なアプローチが出来る手段が、自己催眠としての自律訓練法であるというのが、私なりの見解。

兜の緒を締めねば。まだ勝ってないけど。

サフィオZ12を買ってみた

金曜日, 7月 21st, 2017

特に眼精疲労になったわけではないが、一日中PCやスマホ、タブレットと向かい合って生活をしているので、目もいたわってやらねばと奮起。サフィオのZ12をドラモリにて購入。ついでにゆずの香りのめぐリズムのアイマスクも調達。あずきのチカラも、柄違いで三つ持っているんだけど、いちいちレンジにかけないといけないのが面倒で。一応自室にも電子レンジは置いているんだけどね。

点眼して、アイマスクをかけて、自律訓練法を試しているところ。第二公式からさっぱり先に進めない。目指せブレイクスルー。

自律訓練法、四ヶ月目突入

月曜日, 7月 10th, 2017

年齢を重ねたせいか、いろいろなことが長続きするようになった。自律訓練法も、今日で四ヶ月目に突入。踏み台昇降は四ヶ月半くらいか。さらに電子鍼やローラー鍼、ドライヤーお灸のいずれかを、毎日続けたいと考え、今夜から実践する予定。

実は先週三日ほど、足の裏の湧泉の部分をドライヤーの温風で温めたら、しばらくほかほかした感触が残って、すこぶる気持ちよかったのよね。是非これは毎日続けようとその時は決めていたんだけど、その後三日は眠気に負けてやらずじまい。しかーし、今日から改めて、お灸か、電子鍼か、ローラー鍼か、ドライヤーお灸か、あるいはせんねん灸の太陽か、いずれを用いて、ツボ刺激を試みる予定。とりあえずその日の気分で好きな道具をチョイスして、足の湧泉を中心に。合谷もいいな。素人だからツボの微妙な位置なんてわからないしさ。アバウトでいいのよ、アバウトで。

心身の健康は、美容と占筮の基本なり。

地味にスランプ中

土曜日, 7月 1st, 2017

一応毎日続けている自律訓練法。地味にスランプに突入。急に温感が出なくなってしまった。季節的なものかしらね。ちなみに、室温が高いと感じづらいらしい。

集中力はある程度持続できているようなので、気にせず焦らず続けていくことにする。心理的にも安定しているし、とりあえずはこれで良し。完璧を求めても疲れるだけ。

第二公式

月曜日, 6月 12th, 2017

現在取り組んでいる自律訓練法の第二公式。温感の練習なんだが、血管を拡張させて、血流が良くなる効果があるとのこと。したがって、採血後や、血圧他の循環器系の疾患がある場合は、とばしてもいいらしい。

うまくいった場合は、実際に腕がポカポカとしてくる。たいがい「何となく温かいかな」で終わるということは、まだまだ練習途上ということだろうな。

血流改善ということで、私が期待しているのは、美肌効果。やはり血液がしっかり全身に栄養を運ばなければ、どんなに化粧水にお金をかけても、思うようには肌が整わないらしい。それはそうよね。作物をたくましく育てるためには、まず必要な環境作り。人の体も一緒なんだろう。

まだまだ断易にも創作にもフィードバックできずにいるが、倦まず弛まず続けていけば、きっと何かしら得るものも多いはず。まずは集中力を培わねば。

心機一転

金曜日, 6月 9th, 2017

すべての記事とすべての固定ページを水面下に移動して、ワタクシの庭、再起動。思えばブログの更新をやめてからいろいろあったよ。まあ、おいおい詳細を書いていきたいと考えている。目立ったところでは、最近自律訓練法に積極的に取り組んでいるおかげか、安定剤をまったく飲まなくてもいいようになった。まだ第二公式に差し掛かったところで、マスターしているとはとてもいいがたい状況ではあるが、効果は確実に体感できている。今日でちょうど三ヶ月に入ったところ。一年でも二年でも続けてやろう。

断易についても、進捗が。今まで神蓍代わりに八面ダイスを使っていたが、何となくしっくりこなくて、新しい筮具を探していたのね。いろいろ調べても、オーソドックスな筮竹や、神蓍、圓蓍、擲銭用のコインくらいしか見当たらず、やはりダイスで続けるべきかと思っていた矢先、世の中にはハンドスピナーというのがあることを知った次第。最初のスピナーを購入したのは、一ヶ月くらい前かな。当初八角形か八翼のものを探したけど、見つからず、仕方なく、四枚の羽根を持つスピナーを買って、陰陽の印をつけて、くるくる回して使って卦を立ててみたら、これがすこぶるいい感じ。飽きずに懲りずに八角形、あるいは八翼のハンドスピナーを検索し続けて、先々週に、とうとう見つけたの。八卦の刻まれたスピナー。

先天八卦なのが玉に瑕ながら、回し心地はいい感じ。ラインストーンを手芸用ボンドで貼り付けてみたら、オシャンさ倍増。スピナーとして使うのではないから、外側の八卦図を固定して、中の太極図を回し、止まった時のラインストーンの位置で、卦を確定。今までになく「本気で占っています」という感じで、使っていて気持ちいい。

自宅用と外出用に、二つ買ったが、もしかしたら予備に追加で注文するかも。お中国様から船旅でお越しあそばすので、時間がかかるのが難点。今後どんどん出てくるでしょうね、八卦のスピナー。後天八卦が出たら、また買うかもしれない。

閑話休題。

「福祉」という言葉が、易林由来らしいということを、とある研修会で知った。易林はもちろん周易の古書の一つ、焦延壽の著した易林のこと。もっとも私は周易が専門ではないので読んだことは無い。知らないままなのも悔しいので検索で言及している人がいないか調べて、「履之項に書かれている」と記述を発見。とどのつまり天沢履の項ね。易林は、易経に出てくる六十四の卦を、さらに六十四分類した書物――つまり之卦――なんだが、そこに「賜我福祉」という表現が出てくるらしい……って、調べたけれど出て来ないのよ。どこにもない、そんな記述。おそらく多くの人がネタ元にしている諸橋轍次先生の記述には、間違いなくそう書いてあるらしいのよね。

それで、意地になってよくよく調べたら、驚くなかれ、地天泰の項にありました。論文の中でも間違った情報を孫引きして天沢履の項に書いてあると誤解している人が続出しているみたいだけど、私がここに訂正しておく。書いてあるのは「履之」項ではなく「泰之」項です。地天泰に火天大有を重ねた部分に

泰之:大有:生直地乳,上皇大喜;賜我福祉,受命無極

という、実におめでたそうな記述が並んでいる。まあ、易占の看板にも使われる地天泰に、「大いに有(たも)つ」大有を重ねれば、そうなるわなと。本来断易が専門の私でも、本卦が地天泰で之卦が火天大有なんて、単純な解釈でいいなら、あらやだなんかめでたそうくらいは言える。

実はこれに気づいたのは今年の3月。今からでも遅くないから、論文に「履之」なんて書いてしまっている人達、こぞって修正すべし。

自律訓練法再開

水曜日, 4月 12th, 2017

いろんなことを始めては飽き、始めては飽きで43年過ぎたわけだが、一つだけやってもやってもやりたりないことがある。それは、横になってだらだらする事。今までは、怠惰ここに極まれりという自虐的な受け止め方しか出来ずにいたのべつ幕なしに横になりたい症候群、もしかしたら著しいアドバンテージになるかもしれないと思い、自律訓練法を再開。子どもの頃に知ってから、いつかはマスターしたいと思っていたものの、これまた途中で飽きてきたのよね。でも、医療関係者向けに書かれたガイドブックを読んで、いくつもの疑問は氷解。かつ、目から鱗の連続。やはり、医療から生まれた訓練法なので、科学的な裏付けがしっかりとしていて、頼もしいわ。

現在五日目ながら、今までだましだましやってきた効果か、初日から重感が出て、良い感触を得ている。地道に続けていけば、一生の財産になるはず。すでにもろもろ皮算用中。

個人的にお奨めの本は、「臨床家のための自律訓練法実践マニュアル──効果をあげるための正しい使い方」。自律訓練法は、医療から生まれたセルフコントロール法なので、専門医に指導してもらうか、医療関係者がきちんと禁忌事項まで言及した書籍をテキストにして学ぶべき。

セトはひぐれてー、イクナートン泣いたー

水曜日, 8月 31st, 2016

こちらセトさん。

こちらイクナートンさん。

空耳→耳→速聴という流れが私の脳内にあると、理解してちょうだい。

速聴といっても、ありとあらゆる音源を倍速再生する気はないのよね。落語はのんびり楽しみたいし、音楽はゆったり聴きたい。早く聴きたいのは一つだけ。テキスト化→音声化した断易のファイル。毎日同じ内容のものを、それこそ八倍速くらいで聞き取れるようになれば、記憶が薄れるのを防げるかなと、その程度が現在の目標。今まで入力した分でも、通常の再生スピードだと、三時間くらい必要なのよね。しかもまだ全体の半分も仕上がっていない。このままでは、無事すべてを入力し終えたとしても、一日の大半を、音声ファイルを再生することに費やさなければならず、何だその人生、本末転倒ではないのということで、速聴を実践中。自己啓発が目的ではないので、気楽に続けていく。

2017/8/8追記。速聴は何度も挑戦しているんだが、長続きしない。脳のスペックを上げて何かをしたいのであれば、やはり自律訓練法が効率的だし、必要な暗示を与えて集中力を強化できれば、多分自然と速読や速聴が出来るようになると思うのよね。ある程度であれば。