Posts Tagged ‘デジタルコレクション’

うへあ

火曜日, 8月 8th, 2017

皆大好き金の玉神殿でお馴染み、復古神道界の巨星こと川面凡児の著作をデジコレで拾って読んで、あまりにもストレートに「世界を日本が感化すべし」と主張していたので、のけぞってしまった。まあ、感化といっても、単純に世界を日本化するというのではなく、日本文化の美徳や美意識を徹底的に磨き上げた上でそれを世界に広めなければという主張で、どの国も自分たちの文化を大事にして、それを広める努力をするのが当然であるという大意だったので、ある程度納得はしたんだけどね。

とどのつまり、蟲毒の逆証。壺の中に毒虫やら蛇などの小動物を詰め込んで争わせ、最後まで生き残った動物を凶物としてまじないに使うのと逆で、世界中の文化が、こぞって自分たちの美徳を競い合えば、最終的に残ったものこそが、究極の文化たりうるという考えなんだと思う。そうするためには徹底的に自己考察し、倦まず弛まず向上に努める必要がある――というあたりまでは受け入れることには抵抗はないんだが、そこから先の凡児ワールドがなんとも。トラブルはごめんこうむるので詳細は書かないがごにょごにょごにょ。肥田春充にしても、九鬼翁にしても、凡児にしても、人というのはどんなに傑出しても生きて暮らした時代の価値観から脱却することは出来ないのねと痛感せざるを得ない。私も昭和の時代の感覚をいまだにかなり引きずっているもんな。軌道修正する気もないし。

昔のムーの特集記事では、神通力を極めた超人として紹介されていたんだけどね。あの雑誌は基本的にネタ帳で、書かれていることの九割九分を割り引いて読まなければ真実は見抜けないという事実に気づけずじまいだった子どもの頃の私は、ド直球で受け止めて信じたものよ。なんせヒランヤとか喜んで買っていたしさ。

斯界に名を残すほどの人だから、私では容易に太刀打ちできないほどの品格なりカリスマ性なりがあったんだろうし、原文そのままではないが、「いかに偉大な精神文化を誇る我が民族とといえど、他の宗教を信じる民族同様、驕れば神から見捨てられる」と戒めのことばを残しているし、カルト的な面白さを求めるのは筋違いだというのは理解しつつも、頭の中から「金の玉神殿」のステキすぎる響きが三十年近く消えなくて困るでござる。どうせならそこでラグビー部とか柔道部とか集めてジムノペディア開催したらいかが? そんなイベントがあったら行くわ。半引きこもりの重い腰を上げて。

いんしつろくと入力すると

火曜日, 8月 1st, 2017

陰湿録と変換されるなんて、道徳も何もあったもんじゃないわね。IMEめ。

仕事の合間の息抜きに読んでみようかと思って、デジコレさんから訳陰騭録 : 袁氏家訓をダウンロード。ページが想定外に少なくて良かった。昔、高藤総一郎の本で紹介されていたりしたなあと懐かしく感じつつ読んでみたところ、「邵康節の易」で占われたと記してある。梅花心易も一時かじっていた人間に言わせれば、そんな無茶なという感じ。細かい数字の部分までとにかくずばずば当てられましたという設定自体がどうも胡散臭い。それとも現在伝わっている以外の技法があるのかしらね。

陰徳という言葉それ自体はステキだと思うんだけど、本人が徳のつもりでやっていても、結果として他人の成長の機会を奪ってしまうのであれば、ただの過干渉なのよね。逆に、目の前の問題をあえて放置しておいたほうが結局は誰かのためになることもある。世の中そんな単純じゃないだろうなんて受け止め方をしてはダメかしら。

デジコレ三昧

金曜日, 7月 28th, 2017

デジタルコレクションに収録されている書籍のデータを、コマ数等国会図書館の既定の方法でダウンロードしてくれるNDLDLというアプリケーションを使い始めてから、それこそデジコレ三昧。膨大な数の資料が読めて楽しい。しかも毎年追加されていくわけだし。ひところ断易精蘊も(以前の)デジタルライブラリ入りしたんだけど、ほどなくして国会図書館内のみの閲覧になったのよね。もしかしてクロウリーの本みたいに、霊的著作権云々に関して苦情が来たのかしら。霊的著作権について詳しく知りたい? 是非検索して調べて頂戴。私はトラブルに首を突っ込むのはこりごりなので説明するのは控える。

今は霊術・催眠術関連の書籍を調べているところ。大正から昭和にかけての霊術ブームにおいて、太霊道や靈氣などのいわゆるヒーリング以外にも、催眠術も霊術の一種としてかなり実験的なことがされていて、著作も多いのね。まあどれも似たり寄ったりの内容なんだけど、ヒーリング云々は、情報汚染とは無縁で日本国中純粋そのものだった時代ならともかく、現代では 短絡的なおバカさん ビリーバー以外には通用しないはずだから、歴史以外には興味が抱けない。でも、催眠術に関しては、自律訓練法との関連もあるし、何より基本が心理学に置いてあるので、オカルト的要素を意図的に濾過することで、いささかプリミティブながらも、結構有用な情報源となりうるかなという印象を抱いている。

いずれも催眠下での実験について、「易の素人を易者にする」「素人を観相家とする」などがあって、それぞれ「驚くほど的中した」と記されていて、実際にまったく易に関して門外漢なのか、それとも過去に一度くらいは易の書物に目を通した人物なのかなど、その詳細は確認が取れないし、的中したという記述に関しても、バーナム効果か無自覚のコールドリーディング、あるいは集団心理や観客自身が一種の催眠状態にあって錯誤したなど、複数の可能性があるということを割り引いても、なかなか楽しいではないの。

断易を始めてから十六年。今「断易にもっとも必要なものは何か」と訊かれたら、断法に関する知識はあって当然なので、柔軟性のある思考を伴った堅牢な集中力と答えたい。必要なのは決して俗っぽい霊感などではないのよ。徹底して磨き上げた脳のスペック。そこに至るにはある程度の精神修養というのは避けては通れず、かつもっとも効率的なアプローチが出来る手段が、自己催眠としての自律訓練法であるというのが、私なりの見解。

兜の緒を締めねば。まだ勝ってないけど。

十一占とはなんぞ

火曜日, 7月 25th, 2017

その昔、算盤で易卦が立てられると何かの本で読んで、てっきり象牙とかで出来ているお高級算盤をじゃらじゃら振った後、何かしらの法則にのっとったはじき方をして、これ以上ないくらいに神秘的な卦の立て方をするんだろうと思い込んでいた時期がある。その後調べて詳細を知り、全身が弛緩。まさか年月日時を数字に変換した後足して割るだけなんて。しかも変爻は一つだけ。その程度暗算でも出来るではないの、きー――なんて腹を立てたことがあったなあと、懐かしく思い返しながら、石黒玄三の「算易と銭易」を読む。昨日から足利学校の蔵書目録を調べていたんだが、四書五経の類はあっても、断易の本が見当たらず、逃避してしまったというわけ。

前半は擲銭法(の簡易版。六枚一度に投じて一つの卦を立てる方法)と算盤あるいは筆算での立卦の手順、および得卦の解説がされていて、これに関してはごくありふれた初学者向きの易書なんだが、秘伝十一占というのが掲載してあって、なんじゃらほいと悩んでしまった。十一占で検索をしても、漫画関係の記事しか出てこず途方にくれたが、本文中の「中断当卦」で検索をしたら、「江戸の易占」というブログの記事がヒットし、内容を読んで膝を打った次第。八卦抄って、名前だけは聞いたことがあるわ。本文の解説を読むと、一種の数秘術仕立てになっているんだけど、どうひいき目に受け止めても当たるとは思えないので、実占で用いる気はさらさらない。詳細は「江戸の易占」様で確認を。

他には姓名判断として用いる名諱八卦などの記述も。平成ももう終わるというのに、名と諱(いみな)とか言われてもねえ。普通に氏名でいいのかしら。

資料として「当たりか外れか」と言われれば、即座に「外れ」と断言せざるを得ない内容なんだが、それもまたデジタルコレクション漁りのご愛敬ということで。

それにしてもいい断易の資料はないものかしらねえ。

旧暦明治三十六年政治経済人事の占

土曜日, 7月 22nd, 2017

国会図書館のデジタルコレクションからダウンロードした、高島嘉右衛門の旧暦明治三十六年政治経済人事の占を流し読み。目次が一部機種依存文字なのか表示されていないが、本文を読んだら「逓信省」と旧字で書いてあった。難しい方の逓ね。本の構成は、まず国運を相対的に占い、その後内閣及び軍部含めた各省庁、総理大臣や貴族院議長他、政党党首(伊藤博文や大隈重信)など重要人物の年運、果ては仏教・神道・キリスト教の運勢までも言及してあって、なかなか興味深い。ちなみに足尾銅山の鉱毒問題も筮していて、「先祖伝来の土地だからといってしがみつかずにすぐに移住を」と、身もふたもない助言を記している。得卦は火山旅の天山遯。

時代が時代だけに、キリスト教に関しては、かなり否定的な立場を取っていたようで、結構過激なことを書いている。

……ヒリッ放し……。

ちょっと高島嘉右衛門に対する印象が変わった。