Posts Tagged ‘国会図書館’

いんしつろくと入力すると

火曜日, 8月 1st, 2017

陰湿録と変換されるなんて、道徳も何もあったもんじゃないわね。IMEめ。

仕事の合間の息抜きに読んでみようかと思って、デジコレさんから訳陰騭録 : 袁氏家訓をダウンロード。ページが想定外に少なくて良かった。昔、高藤総一郎の本で紹介されていたりしたなあと懐かしく感じつつ読んでみたところ、「邵康節の易」で占われたと記してある。梅花心易も一時かじっていた人間に言わせれば、そんな無茶なという感じ。細かい数字の部分までとにかくずばずば当てられましたという設定自体がどうも胡散臭い。それとも現在伝わっている以外の技法があるのかしらね。

陰徳という言葉それ自体はステキだと思うんだけど、本人が徳のつもりでやっていても、結果として他人の成長の機会を奪ってしまうのであれば、ただの過干渉なのよね。逆に、目の前の問題をあえて放置しておいたほうが結局は誰かのためになることもある。世の中そんな単純じゃないだろうなんて受け止め方をしてはダメかしら。

デジコレ三昧

金曜日, 7月 28th, 2017

デジタルコレクションに収録されている書籍のデータを、コマ数等国会図書館の既定の方法でダウンロードしてくれるNDLDLというアプリケーションを使い始めてから、それこそデジコレ三昧。膨大な数の資料が読めて楽しい。しかも毎年追加されていくわけだし。ひところ断易精蘊も(以前の)デジタルライブラリ入りしたんだけど、ほどなくして国会図書館内のみの閲覧になったのよね。もしかしてクロウリーの本みたいに、霊的著作権云々に関して苦情が来たのかしら。霊的著作権について詳しく知りたい? 是非検索して調べて頂戴。私はトラブルに首を突っ込むのはこりごりなので説明するのは控える。

今は霊術・催眠術関連の書籍を調べているところ。大正から昭和にかけての霊術ブームにおいて、太霊道や靈氣などのいわゆるヒーリング以外にも、催眠術も霊術の一種としてかなり実験的なことがされていて、著作も多いのね。まあどれも似たり寄ったりの内容なんだけど、ヒーリング云々は、情報汚染とは無縁で日本国中純粋そのものだった時代ならともかく、現代では 短絡的なおバカさん ビリーバー以外には通用しないはずだから、歴史以外には興味が抱けない。でも、催眠術に関しては、自律訓練法との関連もあるし、何より基本が心理学に置いてあるので、オカルト的要素を意図的に濾過することで、いささかプリミティブながらも、結構有用な情報源となりうるかなという印象を抱いている。

いずれも催眠下での実験について、「易の素人を易者にする」「素人を観相家とする」などがあって、それぞれ「驚くほど的中した」と記されていて、実際にまったく易に関して門外漢なのか、それとも過去に一度くらいは易の書物に目を通した人物なのかなど、その詳細は確認が取れないし、的中したという記述に関しても、バーナム効果か無自覚のコールドリーディング、あるいは集団心理や観客自身が一種の催眠状態にあって錯誤したなど、複数の可能性があるということを割り引いても、なかなか楽しいではないの。

断易を始めてから十六年。今「断易にもっとも必要なものは何か」と訊かれたら、断法に関する知識はあって当然なので、柔軟性のある思考を伴った堅牢な集中力と答えたい。必要なのは決して俗っぽい霊感などではないのよ。徹底して磨き上げた脳のスペック。そこに至るにはある程度の精神修養というのは避けては通れず、かつもっとも効率的なアプローチが出来る手段が、自己催眠としての自律訓練法であるというのが、私なりの見解。

兜の緒を締めねば。まだ勝ってないけど。

浪花色八卦

木曜日, 7月 27th, 2017

石川巌編「三都洒落本」に、外山翁による易のパロディとして「浪花色八卦」というのが収録されている。簪を算木に見立て、大阪の色街の地域差を易経の文章風に記してある。もともとは江戸時代の洒落本らしい。宝暦年間に大阪で発行されたものだとか。「八卦」という検索語句でヒットしたので読んでみたが、易に関してたしなみがあり、同時に色街に詳しくなければ書けないような内容なので、はなはだ粋だなと――

ところで、「ラティラハスヤ」というインドの性愛に関する書物もデジタルコレクション入りしているんだけど、ラインナップの多彩さは、さすがは国会図書館という他ない。男性器の増大術も掲載されているみたいよ。いろいろ塗ってこすって、その結果腫れているだけじゃないかという気もするけど。当然カーマスートラも大正12年に翻訳されて発刊済み。日本よ……。

旧暦明治三十六年政治経済人事の占

土曜日, 7月 22nd, 2017

国会図書館のデジタルコレクションからダウンロードした、高島嘉右衛門の旧暦明治三十六年政治経済人事の占を流し読み。目次が一部機種依存文字なのか表示されていないが、本文を読んだら「逓信省」と旧字で書いてあった。難しい方の逓ね。本の構成は、まず国運を相対的に占い、その後内閣及び軍部含めた各省庁、総理大臣や貴族院議長他、政党党首(伊藤博文や大隈重信)など重要人物の年運、果ては仏教・神道・キリスト教の運勢までも言及してあって、なかなか興味深い。ちなみに足尾銅山の鉱毒問題も筮していて、「先祖伝来の土地だからといってしがみつかずにすぐに移住を」と、身もふたもない助言を記している。得卦は火山旅の天山遯。

時代が時代だけに、キリスト教に関しては、かなり否定的な立場を取っていたようで、結構過激なことを書いている。

……ヒリッ放し……。

ちょっと高島嘉右衛門に対する印象が変わった。

今日も今日とて

月曜日, 7月 17th, 2017

書類を作りつつ、バックグラウンドでせっせと国会図書館より高島易関連のPDFをダウンロード中。高島嘉右衛門というと、易聖と呼ばれたくらいの人なんだけど、私は周易は専門外なのでピンとこない部分も多々あるのよね。何しろ、卦辞爻辞で占筮を行う人の場合、言葉遊びの範疇にとどまっている人も少なからずいて、しかもその解釈が2cmくらいの深みしかなくて唖然とすることも多いので、凄みが全然伝わらないというか。占筮時の日付が書いてあれば、九鬼の「周易の達人と呼ばれた人たちは、皆ひそかに断易の技法を用いて判断してきた」説に、どの程度の信憑性があるかを把握するための一つのバロメーターにもなるし。

それと、高島嘉右衛門と九鬼の交流についても何か記載がないか調べてみたい。さすがに人気のない砂浜を追いかけっこしてキャッキャウフフ嘉右衛門様この盛隆めを捕まえてごらんなさいなの関係であってほしいなんて考えは微塵もないが、米株易占の題字を嘉右衛門が書した理由や、判断に迷った卦を九鬼に送って解釈をしてもらった経緯などが詳細に記載されていないかと期待している。それと、肯定的な評価だけでなく否定的な意見も知りたい。

それにしても、国会図書館のスタッフは、ファイルをトリミングする気はないのかしらね。余白が多すぎるでござるよ。

ちなみに、現高島易断は高島嘉右衛門個人とはほぼ無関係。「易之極意」の中で、卜筮正宗をベースに、簡潔に断易に関してまとめていた柄澤照覚が一時嘉右衛門の門下生だったという話らしく、このあたりの話は「現代之人物観無遠慮に申上候」という本にしたためてある。なかなか興味深かった。

[朝鮮総督府]調査資料. 第37輯 朝鮮の占卜と豫言

火曜日, 7月 11th, 2017

null

したためている断易の本の参考資料にするために、古代中国の暦法について考察した本がないかと、国会図書館さんを検索していて、偶然見つけた。

[朝鮮総督府]調査資料. 第37輯 朝鮮の占卜と豫言

この中にある「六爻占」は、断易の異名。これ以外にも当時の朝鮮半島で行われていた占いの種類が細かく調べられていて、実に興味深い。こんなことまでしていたのね、朝鮮総督府。まあ断法の詳細までは記されていないから、現時点ではダウンロードまではしていないけど、当時の習俗を知るための資料としては有用なので、メモをかねて。

この他にも、風水や巫覡、宗教などの資料もあったので、暇なときに読んでみよう。