Posts Tagged ‘日付’

天災占に関する備忘録

火曜日, 8月 15th, 2017

断易において天災占を行う場合、常に完璧な占筮が可能な人間などいないに等しいため、天災そのものの時期や場所を占うだけでは充分とはいえない。占えないことはないが、その性質上誤断は許されない。時期を予測して外れるのはまだいいにしても、名の売れた易者が安全と断定した時期に災害があれば、いたずらに被害の拡大を招きかねない恐れがある。確実を期すためには、以下のことを別に筮して、補足とする。

・国の経済状況の推移。国家的規模の災害に見舞われた場合、経済的な大打撃をこうむるため、もっとも確実な指標となりうる。また、一時に海外から救援資金と物資が集中するようであれば、その動く時期を知ることで、事後の日付をある程度確定できる。大なれば国、小なれば都道府県、あるいは市町村規模での査定も可能。国内の場合は、義援金の動きではなく、支援金の動きに限定する。なぜなら、義援金は直接被害者のもとに届けられる性質のものであるので、いったん赤十字などでプールした後に支給され、場合によっては半年以上経過しなければ被災地には届かないし、福島の原発周辺区域の皆さんのように、被災者が移転を余儀なくされた場合など、被災地以外のに届くこともある。日本財団などの支援金は、速やかに被災地の復旧予算に充当できるよう届けられるから、着眼するなら支援金の方。具体的な場所を示せなくとも、ベクトルくらいは把握できる。金融の知識があれば、株や為替の動向でも判断できるかもしれない。

・特定の地域に住む人々の年運を調べる。被災地となりうる場所を特定出来たら、その地域に住む人々や、その地域にある建物の運勢を筮する。官鬼の害などが一定の期間に集中していれば、被災の時期を裏付ける。親族や友人よりも赤の他人を筮することを勧める。官鬼と子孫に着眼しなければならない以上、応爻を用神に出来る方が都合がよい。

・災害後の動きから地域を確定する。国の中枢にいる人や報道機関が、果たしていつどのような方位に動くかを知ることも、被災地の確定の一つの目安となりうる。

・緊急速報を受信する時期、あるいは有線などで避難勧告が放送される時期から予想する。

・私も京都で揺れを経験した阪神淡路大震災の時は、村山富市が首相だったが、最後の最後まで自衛隊の出動をためらっていたのを覚えている。複数の県にまたがる広域災害が起きた時、余程の自衛隊嫌いの政党が与党となっているのでなければ、速やかに自衛隊が出動するだろうから、自衛隊の災害用車両が緊急出動する時期や方位を調べることも重要。

・台風や竜巻、突風、豪雨、落雷などは気象占の領域。地震/火山/津波は天災占。物理的な災害は物来我就の理で読むケースもあるので、求財占なども抑えておく。作物の被害は農業占。災害がきっかけとなって体調を崩す可能性がある場合は身命占(疾病占は病気の種類や治療法を推察するためのもの)。死期から逆算する場合は天寿占。

他、思いついた時点で追記予定。とにかくどれだけ慎重を期しても足りないジャンル。

stargazerがフリーソフトでなくなっていた件

月曜日, 8月 14th, 2017

二十年近く前にニフティサーブから延々数十時間かけてダウンロードした記憶がある小曾根氏の占星術ソフトstargazer。その月は電話代の請求がものすごいことになって、当時フリーソフトだったにも関わらず、下手なシェアウェアより結果的に金がかかったのよね。そう、当時は無料で配布されていたのよ。ニフティサーブに契約するのにお金が必要だったけどね。それにしても、ニフティサーブときたもんだ。懐かしい響き。

断易を初めて十六年、生涯この占術の勉強を続けようと決意した私は、もう占星術を本格的にやる気はないし、かつて覚えたこともほぼ忘れているんだけど、専門ではなく比較対象として考察するのは面白いかと思い、さてstargazerでもダウンロードしてインストールしようかしらと検索をして、すでにフリーフェアではなくなっていたという事実に愕然としている次第。なおこの場合のフリーは無料という意味ね。

かなり以前に断易発玄と読み比べるのに金融占星術という本を買って、それにおまけCD-ROMがついていたような気もするけど、Win10で果たして正常に動くのかどうか。それ以前に自室の本の山から探すの面倒くさいのよね。確か四柱推命と紫微斗も作盤出来たはずだが、その手の占術はDSでも出来るし、amazonで古書を買ったものかどうか迷っているところ。占星術が好きで好きでたまらない人にとっては有用なことこの上ないから、迷わず最新版を購入するんでしょうが、先ごろ上陸したルマンドアイスが何十本も買えちゃうしさ、同じ金額で。どれだけソフトが有能でも、読む人間が私のように無能なら、総じて意味もないわけで。とりあえず金融占星術を見つけ次第インストールしてみることにするか。正直断易で占った方が確実だし、早い。

ところで、amazonのレビューで「東洋占術は23時から日付が変わるので」とか書いている人がいるけど、東洋占術でも、本来は日付は自然時0時で変わります。23時は子の刻が始まる時間。日付が変わるのは子の中刻である午前0時――つまり正子の時。もちろん「まさこ」じゃないわよ。「しょうね」よ。このあたりが理解できていないから、年始の時期も立春だ春分だとかまびすしいことになっているのよね。私は冬至の一点張りを続けるから。歳星と日辰、月建と時値はそれぞれ対応している。そこに干支暦の占術的機能性と数学的美しさが凝縮されている。23時から日付が変わると言い張る人たちは、今日からでもお昼ご飯は11時にどうぞ。それが筋を通すってことよ。

追記。書いていて、著作権厨であるにも関わらず、著作権の失効期間のことをまるで理解していなかったホットケーキのことを思い出した。占星術のメーリングリストはあいつがうざかったのでとっとと退会したのよね。

過去記事に関して

月曜日, 8月 7th, 2017

推敲が面倒で放置している 過去記事に関して。まず原稿に加えるために、断易関連の投稿から修正していくことにした。

記事の日付は初回の投稿時の時間で設定しているため、どれだけ更新しても埋没してしまう宿命なのだが、時々断易関連の語句で検索してくる人もいるからいいかなと。