Posts Tagged ‘理解’

stargazerがフリーソフトでなくなっていた件

月曜日, 8月 14th, 2017

二十年近く前にニフティサーブから延々数十時間かけてダウンロードした記憶がある小曾根氏の占星術ソフトstargazer。その月は電話代の請求がものすごいことになって、当時フリーソフトだったにも関わらず、下手なシェアウェアより結果的に金がかかったのよね。そう、当時は無料で配布されていたのよ。ニフティサーブに契約するのにお金が必要だったけどね。それにしても、ニフティサーブときたもんだ。懐かしい響き。

断易を初めて十六年、生涯この占術の勉強を続けようと決意した私は、もう占星術を本格的にやる気はないし、かつて覚えたこともほぼ忘れているんだけど、専門ではなく比較対象として考察するのは面白いかと思い、さてstargazerでもダウンロードしてインストールしようかしらと検索をして、すでにフリーフェアではなくなっていたという事実に愕然としている次第。なおこの場合のフリーは無料という意味ね。

かなり以前に断易発玄と読み比べるのに金融占星術という本を買って、それにおまけCD-ROMがついていたような気もするけど、Win10で果たして正常に動くのかどうか。それ以前に自室の本の山から探すの面倒くさいのよね。確か四柱推命と紫微斗も作盤出来たはずだが、その手の占術はDSでも出来るし、amazonで古書を買ったものかどうか迷っているところ。占星術が好きで好きでたまらない人にとっては有用なことこの上ないから、迷わず最新版を購入するんでしょうが、先ごろ上陸したルマンドアイスが何十本も買えちゃうしさ、同じ金額で。どれだけソフトが有能でも、読む人間が私のように無能なら、総じて意味もないわけで。とりあえず金融占星術を見つけ次第インストールしてみることにするか。正直断易で占った方が確実だし、早い。

ところで、amazonのレビューで「東洋占術は23時から日付が変わるので」とか書いている人がいるけど、東洋占術でも、本来は日付は自然時0時で変わります。23時は子の刻が始まる時間。日付が変わるのは子の中刻である午前0時――つまり正子の時。もちろん「まさこ」じゃないわよ。「しょうね」よ。このあたりが理解できていないから、年始の時期も立春だ春分だとかまびすしいことになっているのよね。私は冬至の一点張りを続けるから。歳星と日辰、月建と時値はそれぞれ対応している。そこに干支暦の占術的機能性と数学的美しさが凝縮されている。23時から日付が変わると言い張る人たちは、今日からでもお昼ご飯は11時にどうぞ。それが筋を通すってことよ。

追記。書いていて、著作権厨であるにも関わらず、著作権の失効期間のことをまるで理解していなかったホットケーキのことを思い出した。占星術のメーリングリストはあいつがうざかったのでとっとと退会したのよね。

まあのんびりと

火曜日, 8月 1st, 2017

断易の本は、それこそ気軽に携帯できるように、KDPで発表することに決めた。全体の十分の一程度を書き終えたところ。順調にいけば来年末には公開できると思う。その準備段階というわけではないにしても、練習がてら、過去の書き物を細切れにしてkindleから出しているわけだが、どれもまだ表紙が準備できていない。見るからにやっつけ仕事なので今読まれると恥ずかしいかもしれない。まあ、私の書くものを読みたがる人というのはいないに等しいのでいいんだけどね。いくつか非公開の物もあるため、都合後二つほど出したら、表紙の作成を始める。画像編集の練習を兼ねて。

別に大勢の人に読んでもらいたいとは思わない。理解できる道理もないもの。ただ、いつ死んでもいいように、整理しておこうと思っただけ。

穏やかに生きて、穏やかに旅立ちたい。もうそれだけを願うばかり。