Posts Tagged ‘画像’

まあのんびりと

火曜日, 8月 1st, 2017

断易の本は、それこそ気軽に携帯できるように、KDPで発表することに決めた。全体の十分の一程度を書き終えたところ。順調にいけば来年末には公開できると思う。その準備段階というわけではないにしても、練習がてら、過去の書き物を細切れにしてkindleから出しているわけだが、どれもまだ表紙が準備できていない。見るからにやっつけ仕事なので今読まれると恥ずかしいかもしれない。まあ、私の書くものを読みたがる人というのはいないに等しいのでいいんだけどね。いくつか非公開の物もあるため、都合後二つほど出したら、表紙の作成を始める。画像編集の練習を兼ねて。

別に大勢の人に読んでもらいたいとは思わない。理解できる道理もないもの。ただ、いつ死んでもいいように、整理しておこうと思っただけ。

穏やかに生きて、穏やかに旅立ちたい。もうそれだけを願うばかり。

芸人を占う手順

日曜日, 9月 27th, 2015

null

※試案。完成版は後日電子書籍で。

芸人画像と動画を漁りすぎなのを反省し、人生の誤魔化しがてら知りえた情報を元に断易に帰納してみる試み。

芸人を占う場合には、金銭的な面に関しての筮と、人気・知名度にフォーカスしての筮とを区別して考える。また、コンビの場合、コンビそのものの運勢と、個々人のものを別途筮。補足の情報が欲しい場合は、事務所そのものの運勢や、マネージャーのマネジメント能力の有無、またローカル番組に出演する場合、どの地域が適切かを分占する。

用神は、自占や依頼占の場合は世爻。他人を占う場合は応爻。自身の友人や兄弟であれば兄弟。ライバルは、ネタバトルなどで直接対峙するのであれば応爻。単に周囲の同期などとの差異を知りたいなら兄弟。

妻(素人)が夫(芸人)や夫の相方の運命を占う場合は、それぞれ官鬼用神で分占。夫の相方が女性であっても官鬼。反対に、夫(素人)が妻(芸人)や妻の相方を占うのであれば、妻の相方が男性であっても妻財を用神として判断。夫婦漫才の場合の、夫、あるいは妻との芸人としての相性は、世爻、あるいは応爻に対する「兄弟」の組み合わせで判断。この場合の兄弟は、あくまでも人を示す五類としての兄弟であり、破財の意味はない。

LGBTの場合は、まず用神を確定するための予備占を行うのが望ましい。ジェンダーロールやジェンダーアイデンティティだけでは一概に分類出来ない。

ボケとツッコミは、人来たりて我に就くの理で判断するのが無難と思われる。冲尅であれば即座で勢いの良いツッコミ。合生であればボケからいくらか間のあるノリツッコミなど。自身で相方との理想的な関係を調べたい場合は、自らを世爻とし、相方を応爻として、どちらが発動するか、あるいは発動せずとも暗動すると仮定した場合にどのような影響があるかを見る。我から尅・冲・合・生・刑せば、自分が突っ込み、相手から尅・冲・合・生・刑されれば、自分がボケ。応爻無気休囚で自ら発動し回頭の生尅等になる場合は、ピン芸人としての活動の方が向いている。もう一つの見方は、尅や冲であればカミナリに代表されるはたくなどしての激しいツッコミ、生や合であれば穏やかだったり静かなツッコミ。これらはツッコミの側に臨んだ六神の性質で判断。青龍は穏やかで成熟した印象。のろけをベースにしたロマンティックなケースもある。朱雀は知的あるいは言葉の応酬。勾陳は朴訥なイメージので、例えれば宮川大助風。トウ蛇は謎めいて得体のしれない感じ。白虎は激しく暴力的。玄武は卑猥だったり冷酷な切り返し。白虎と玄武はあまりツッコミには向いていない気がする。不快感をどう処理するかを真剣に考えないと、上沼恵美子に低い点をつけられる。刑の場合は、勢・礼・恩刑などのイメージで使い分けるも可。ただ、自刑の問題もあるので、刑に関しては参考程度にとどめた方が無難な気がする。

占的が単に相性に関してであれば、合を尊ぶ。むしろ合がないと長続きしないはず。生と合を兼ねればなお良し。旺じすぎない限り、キャイーンのウドように相方大好きとなるはず。尅合なら悲喜こもごものやすしきよしタイプか。

芸人としての力量は、旺相及び四値動爻からの生合を基本に判断。用神が伏した場合は提抜されるまで実力を発揮できない。空亡でもしかり。空亡は旺相にしたものに限る。休囚であればそもそも実力がない。三合や接続の生であればトリオの可能性もあるが、マネージャーが絡む可能性もあるので、早合点せずに精査すること。

ピン芸で行くか複数でやるかは、分占した方が、おそらく断易の理にかなう。ただし卦中にはっきりと明示されている場合はそちらを優先。

別占して六神でネタの方向性を判断。青龍であれば酒宴の席やディナーショーにも使えるコント系のネタやロマンスネタ、朱雀はしゃべくり漫才やフリップネタか歌ネタ、トウ蛇は鳴り物や音声利用のネタや不条理なナンセンス系もしくは妄想系ネタ、勾陳は屋外でのロケが基本だが時として土地や田畑に関するネタ(たまに出てくる農業芸人みたいな)、白虎であればどつき漫才や格闘ネタ、玄武は下ネタ及び不倫などのきつめの色恋ネタ。ハライチのノリボケは果たして何で表されるのかが一つの課題。とろサーモンのスカシは、おそらく空亡。

追記。素人の妻が、芸人の夫とその相性を占う場合は、占えなくはないが、夫本人に卦を立てさせるのが無難。妻が芸人の場合も同様。